«
»

86歳不破氏の去就にも注目

筆坂秀世

「知的後退が見られる」

元共産党書記局長代行 筆坂秀世氏に聞く

党執行部の体制を見ると、よほどのことがない限り、志位氏が委員長ということでこれから10年、20年いくのか。

 20年はともかく、当分続くだろう。次の党大会での注目点は、不破(哲三前議長)さんが引退するかどうかだ。86歳だがそれがまだ現役の指導者である。

 不破さんにくっついている浜野忠夫副委員長(常任幹部会委員)も84歳と高齢だ。不破さんの腰巾着で、引退したかったけど不破さんに辞めるなと止められた。僕が党にいた十数年前から、不破さんの得る情報は、浜野(氏)を通じてだった。不破さんの指示は、浜野(氏)を通じて自分のところに来ることが多かった。

不破氏引退の可能性は。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。