«
»

共通公約作りが落しどころ、小沢一郎氏が知恵付け

筆坂秀世

元共産党書記局長代行 筆坂秀世氏に聞く

蓮舫、野田執行部は、民共共闘で一歩引いている印象だが、最終的にはまとまると。

 僕はそう思う。昨年10月の衆院補選でも民進党は共産党の推薦を断っている。しかし共産党の志位和夫委員長は、共産党の候補を降ろして選挙応援にも行っている。ところが、そこに民進党は蓮舫、野田の両氏も候補者も来なかった。そこに行って、民進党候補を野党統一候補ですと言って応援し、負けた。共産党は、それでも民進党とやりたいのだ。

 小沢一郎さんが知恵を付けていると思う。志位さんが「連合を選ぶか、野党共闘を選ぶかどっちかにしろ」と非常に厳しい記者会見をやった。普通、共産党はここまで言うかと思う。民進党に逃げられたら一番困るのは共産党だ。候補者も来ないという無礼な扱いを受けてでも耐えたのを小沢さんは見て、「民進党はなめている。ガツンと言ってやれ」と言ったのではないか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。