«
»

「二重国籍」軽く見る民進

 民進党の新しい代表が9月15日に誕生する。代表選挙には、蓮舫、前原誠司、玉木雄一郎の3氏が立候補している。

 正直言って、代表選挙は盛り上がりに欠けているようだ。このことは国民の多くが民進党に期待していない証拠でもあると思うのだが、本紙読者は如何にお考えだろうか。

 ところで、代表選挙は最初から蓮舫氏のリードで推移しているが、彼女の『二重国籍』問題をこのまま放置しておくべきではない。民進党所属の国会議員をはじめ、地方支部の党員も『二重国籍』問題を軽く見ているところに、民進党の最大の問題があるのではないか。党内から『二重国籍』問題についての正式な説明を求める声が出てこないこと自体が異常だ。

 蓮舫氏の説明も二転三転している。過去の雑誌等のインタビュー記事などを読む限り、現在も『二重国籍』のままであると批判されてもしかたあるまい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。