«
»

TBS「時事放談」で劇場型の政治に疑問を呈した石破・藤井の両氏

◆入閣辞退の決断評価

 リオデジャネイロ五輪閉会式の東京大会PRセレモニーで、スーパーマリオに扮した安倍晋三首相、五輪旗を振った和服姿の小池百合子東京都知事。次の2020年東京五輪に向け脚光を浴びる両氏をめぐり、それぞれ自民党総裁任期延長論と「小池新党」説が浮上している。

 これらについて21日、地球の裏の閉会式を前にTBS「時事放談」が扱った。ゲストは、第3次安倍再改造内閣への入閣を辞退した自民党の石破茂前地方創生担当相、民主党政権時代に要職を務めた藤井裕久元財務相。

 入閣辞退について司会の御厨貴氏から尋ねられた石破氏は、「50年先、100年先の日本をどうするか整理しておかないといけない」と、まずは大局的見地から返答。「もう一つは党内にいろんな意見があって、一つしかないわけではない。……いろんな意見を戦わせて決まったらそれに従う、そういう本来の自由民主党があるべきだ」と語った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。