«
»

「小池新党」による第三極ブーム再来を「保守の拡大」と警戒する毎日

◆左翼との熾烈な戦い

 「拝啓 安倍晋三様 左ウィングを広げよ」。読売の橋本五郎・特別編集委員は安倍内閣の改造を受けて4日付の1面肩で、首相の政権運営についてこんな提言をしている。

 左ウィングというのは、今から30年前の86年7月の衆参同日選で中曽根首相は304議席を獲得、その勝因を従来の保守層だけでなく、ウィングを左に伸ばし中道右派の支持を得たからだとした。安倍首相もそれに倣って左ウィングを広げ、「右傾化」「右翼政権」といったイメージを払拭(ふっしょく)し、「野党まで包み込むような、ふくよかな政権」で改憲を―。

 なるほど橋本氏らしい優しい提言である。氏は読売の政治部長などを歴任し、テレビコメンテーターとしても知られる。読売に不定期で載る「五郎ワールド」は、歴史をひもとき、ときには地方に赴き、さまざまな問題に光を当てる。ゆったりと流れるような文章は、ひとつの「ワールド」で筆者も愛読する。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。