ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

沖縄県議選で自公野党健闘

西田 健次郎

翁長派新風会2人落選

OKINAWA政治大学校名誉教授 西田 健次郎

 本紙既報のとおり、任期満了に伴う沖縄県議会議員選挙(定数48)の投開票が6月5日に実施され、県政与野党勢力が確定した。ただ、今回選挙は米軍基地にからむ予期せぬ事件・事故が続発する情勢下で行われたため、自民党沖縄県連など野党勢力にとってはなんとも難しい選挙にならざるを得ず、自公などは逆風に「耐える守り」の選挙を強いられた。

 県議選と同日には沖縄本島南部の糸満市(人口6万)で市長選が行われ、自民党県連などが推薦する新人無所属の上原昭氏(66)が当選した。自民にとっては先の宜野湾市長選挙に続く市長選勝利である。翁長知事や日本共産党などが主導する「オール沖縄」なる野合集団は、市長選の候補者擁立さえできない「不戦敗」だったことを付け加えておきたい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。