«
»

続く追及で“詰んだ”か?文春が資質を問う舛添都知事の“見当違い”

◆複数の「情報提供者」

 舛添要一東京都知事の政治家としての品性と感覚が問われている。先々週の本欄で、海外出張時、スウィートルームを使うのは会議をするためであり、週末、都を離れ、公用車で別荘に行くことに問題はないと書いたが、週刊文春の追及はさらに続き、5月19日号では、実質的に家族旅行だった経費を「会議費用」で落とし、ブランド品のバッグを「事務所備品」として購入するなど、政治資金の流用私用が明らかにされているのを見ると、舛添氏には追及されるべきものがあると思わざるを得ない。

 同誌の“執念”とも見えるが、これらは数々の「情報提供」によってもたらされている。情報提供=タレこみには「提供する側の意図がある」と書いたが、複数の提供者から“あれもこれも”多くの情報がもたらされており、ここに至っては特定の個人が舛添氏を狙ってタレこんだだけでなく、多くの目から見ても、舛添氏の行動自体が問題と映っていたことがうかがわれる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。