«
»

政治資金問題で突っ張る民進・山尾氏に新たな疑惑をぶつける新潮

◆“猟犬”の本能で追及

 週刊新潮が執拗(しつよう)(?)に民進党の山尾志桜里(しおり)政調会長を追っ掛けている。「地球5周分のガソリン代」を「秘書が、秘書が」という言い訳だけで逃げ切れるとでも思っているのだろうか。元検察官らしからぬ論理の破綻、虚偽の報告で、これだけ綻びがあれば、「ごめんなさい」と非を認めて謝ってしまった方が再出発は軽く早くなる。なのに、どうして突っ張っているのか分からない。週刊誌は取材対象が誤魔化したり逃げようとすればするほど“猟犬”の本能が呼び覚まされるのにだ。

 4月21日号で新潮は新しい疑惑をぶつけた。党本部(当時は民主党)から「政党交付金」からの「公認料」500万円を山尾氏は受け取り、それをそのまま地元総支部に「寄付」。支部は同じ日に同額を山尾氏に「選挙費用」として渡している。金が回っている、否、金は山尾氏の手元を動いてすらいない可能性がある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。