«
»

選挙モードの政党テレビ討論で争点にされる「アベノミクス」の成否

◆黒塗り印象操作続く

 衆院補選が北海道5区・京都3区で告示され、政界は参院選に向け選挙モードになった。国会の駆け引きもメディア向け発言も選挙のうちだ。3月には民主党と維新の党が民進党を結党。慣れない党名にテレビの政治討論でも「民主党」と、つい口を衝(つ)く場面もままあるが、バラバラになった野党が一つ減り若干すっきり聞き得る。

 環太平洋連携協定(TPP)の国会審議をめぐる政治討論だった10日のNHK「日曜討論」では、冒頭、民進党が「真っ黒黒すけ」と批判した交渉過程の黒塗り文書が取り上げられた。出席したのは、自民・小野寺五典政調会長代理、民進・山尾志桜里(しおり)政調会長、公明・上田勇政調会長代理、共産・小池晃政策委員長(現書記局長)、おおさか維新・浅田均政調会長、社民・吉川元(はじめ)政審会長。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。