«
»

「志位意見」全否定する不破氏 筆坂氏

800

人を許容しない体質も問題だ田村

筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談(12)

OKになったためしがない

 田村 不破前議長や志位委員長に関して何かエピソードは。

 筆坂 宮本顕治時代からそうなのだが、選挙のポスターやビラを作るときに、不破さんがOKして宮本さんのところに持っていくと、大体「ダメ」と言われて帰って来る。これは不破・志位体制になっても一緒。

 僕は政策委員長をやっていて、政策宣伝の責任者もやり、書記局員、常任幹部会委員でもあったが、僕がサインして、まず書記局長の市田(忠義)のところに持っていく。市田はなんでもサインする。それからすぐ志位さんのところに行く。志位さんは若干意見を言ったり、大幅な手直しを入れたりして、志位意見で最後は作り上げる。ところが、不破さんのところに持っていくと、OKになったためしがない。全然ダメだと。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。