«
»

共産の「暴力」で破防法できた 筆坂氏

800

国民にもっときちんと説明を 田村

筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談(7)

山下書記局長発言は間違い

戦後の暴力革命に関して、政府は3月22日、日本共産党が現在も破壊活動防止法(破防法)の監視対象であるという答弁書を閣議決定した。戦後の共産党の暴力革命についてはどう捉えているか。

 筆坂 51年綱領というのがある。今、共産党は51年綱領ではなくて51年文書と言い換えているけど、これは完全に暴力革命路線なんだ。共産党は、山下(芳生書記局長)君が「暴力革命なんていうことは過去も現在も未来も一切ない」と語っていたがそんなことはない。戦前は完璧に暴力革命路線。戦後も、51年綱領というのは暴力革命路線そのものだよ。だって、火炎瓶を投げたり、中核自衛隊を作ったり、山村工作隊を作ったり、実際そこに身を投じていった若者がいっぱいいたわけだからね。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。