«
»

日米安保無くして国を守れるか 田村氏

田村重信氏

憲法改め軍隊保有が本来の方針 筆坂

筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談(6)

 田村 政策の個別の問題だが、日米安保条約を廃棄して自衛隊解体というのが共産党の本来の主張のはずだが、その辺のところはどうか。

自衛隊無くせの主張しない

 筆坂 本来は、自衛隊は今の憲法には違反しているから解体するというものだ。しかし、その後憲法9条を改正して、自前の軍隊を持てるようにするというのが、民主連合政府綱領提案の中に入っている。上田耕一郎(元党副委員長)がちゃんとそう説明しているんだ。例えば憲法9条に違反している自衛隊をなくし、次に憲法9条を改正するまで時間がかかる。すると、一時的に空白になる。これは確かに矛盾だと言っている。矛盾だけれども憲法違反の状態はなくさなくてはならないから、憲法9条は改正する。そして、自前の軍隊を持つ。これが共産党の本来の方針だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。