«
»

安保法案きょう衆院通過、安保環境の悪化で不可欠に

300

 元統幕議長・竹田五郎氏 安保関連法制は絶対に必要だ。国際情勢の変化、特に日本を取り巻く情勢は中国、北朝鮮、ロシアなどが軍事力によって自国の意思を通そうとする動きを強めており、悪化している中で、自分の国の力が足りなければ集団的自衛権で安全保障を果たさなければならない。
 しかし、これまでの法案審議はこのような国際社会の現実に通じない内容で占められ、憲法9条を盾に「違憲性」を野党に突かれると、憲法解釈ばかりに集中してしまった。憲法学者が衆院憲法審査会で法案に対し違憲見解を示したが、憲法学者は外国の憲法と比較して(安全保障規定のない)日本国憲法はおかしいという指摘をしてもよかったはずだ。

 政府も最高裁判所の砂川判決で合憲性を説明しているが、もっと国際社会の現実を説明し、安全保障法制の必要に迫られていることを訴えてもいいと思う。国会周辺などで反対運動をしている国民は、憲法9条によって日本が平和になったのではなく、日米安全保障条約と自衛隊によって日本の国を守るという意思を示したから平和を保てたことを知るべきだ。

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。