«
»

社会の根幹破壊の懸念 渋谷区同性カップル条例案の波紋(中)

800

 「性的マイノリティーの方々が性的差別に苦しんでいるので、それを解決しなくてはならない」

 6日開かれた渋谷区議会総務区民委員会で、桑原敏武区長は条例案の趣旨をこう説明した。「同性婚」を認めていない憲法との整合性を問う声が出ていることについては「パートナーシップ証明書」に法的拘束力はなく、婚姻制度とは別の制度というのが区側の立場。性的少数者(LGBT)の人権を守る、あるいは差別の解消と言われて、その趣旨に反対する委員はいない。

 条例案は性的少数者に性同一性障害者だけでなく「同性愛者、両性愛者及び無性愛者」も含めているが、こうした人に対する差別の具体例について、区はアパートを借りる際に断られる、あるいはパートナーの入院手続きに家族でないとして立ち会えないなどを挙げている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。