ワシントン・タイムズ・ジャパン

外国人の参加認める武蔵野市の住民投票条例、保守紙は徹底追及を

「武蔵野市の住民投票条例」 日本人と外国人を区別せず、市内に3か月以上住んでいる18歳以上に投票権を認める内容。

形を変えた共産主義  立憲民主党の菅直人元首相の愛(まな)弟子、いわゆる菅直人チルドレンと呼ばれる松下玲子・東京都武蔵野市長が常設型住民投票制、それも市内に3カ月以上住んでいる外国人にも投票を認める住民投票条例案を市議会に提出して物議を呼んでいる。

 それで民主党政権(2009~12年)を思い出した。「悪夢のような」の枕ことばをもって語られるほど不毛な政策が多かったが、その一つが「地域主権」だった。鳩山由紀夫氏は地域主権を「改革の1丁目1番地」と位置付け、これを継承した菅直人氏は政治の師と仰ぐ松下圭一・法政大学名誉教授の「市民自治」論を国政に持ち込もうとした。

 同論はイタリア共産党の指導者アントニオ・グラムシらが唱えた「構造改革論」の亜流で、「市民自治」を基礎とする国家の再構築(構造改革)を目指すという考え方だ。識者からは「国家死滅」を目論(もくろ)む形を変えた共産主義と指摘された。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。