ワシントン・タイムズ・ジャパン

晩節を穢すことに恥はないのか?

自民党・山崎拓氏、立憲民主党・辻元清美氏を応援!?

 福岡の政治家で、元自民党の副総裁・幹事長まで務めたエロ拓こと山崎拓氏。

 世間では評判が悪いようですが、福岡では一定の人気を持っています。実際に話すとなかなか味のある人柄がわかり、話も分かりやすく、私はちょっと前まで隠れ山拓ファンの一人でした。

 結構、福岡には隠れ山拓ファンは多いと思います。それだけ人情味あふれる人だったのだと思います。

 女性問題の時も、下半身が別人格だったのは初代内閣総理大臣の伊藤博文公をはじめとして大勢知っています。でも、下半身のことよりもその人がいったい何を政治家としてした人なのかが重要だと思っているので、別に気にも留めませんでした。

 一度落選し、復帰をかけた選挙で公明党の女性部の会において拓さんの奥さんが「私が許しているのに、他人からとやかく言われる筋合いはありません。」ときっぱりと言い放ち、それ以来「エロ拓」という名前は残りましたが、とやかく言われることはなくなりました。

 小泉純一郎氏や古賀誠氏というような自民党の重鎮が昨今とち狂ったように騒いでいるのを見ているにつけ、よくこんな人が自民党にいたなと思っていましたが、今回の山崎拓氏の行動は許せるものではありません。

 こともあろうに売国奴議員の際たる辻元清美氏を応援するなどありえないのです。

 最初は、この選挙区では自民党は出馬していないのかと思いましたが、大隈和英という今度三期目の候補者がいることに気づき、またさらに驚きが増しました。というよりも開いた口がふさがりませんでした。

 この大阪10区で自民党の公認候補である大隈和英氏は、麻生派であり、靖国神社の首相参拝賛成、憲法改正賛成、原子力発電推進派、ヘイトスピーチ法に反対等々、応援すべき愛国者です。

 しかし、辻元清美という化け物ような反日売国奴議員がいるので、常に落選し、それでもなんとか比例復活で当選してきました。

 今回も必死で選挙戦を戦っていると思います。

 そういう中で自民党の元副総裁・幹事長まで務めた山崎拓氏の御乱心は怒り心頭に達したことでしょう。

 党本部に山崎拓氏の除名処分を求めていますが、当然のことだと思っています。

 辻元清美陣営もよくまあこの山崎拓氏の応援演説を受け入れたと思います。何のメリットもないはずですが…。

 山崎拓氏もこれで自民党を追われることでしょう。その後を継いだ石原伸晃氏は麻生太郎氏から「現代の明智光秀」と言われてから急速に党内の求心力を失っており、今回の選挙でもとても苦戦していると聞き及んでいますが、その腹いせでしょうか。

 それだけならぼけ老人の御乱心で済むのですが、私が応援している福岡二区のおにき誠先生の選対本部長であり、先日も決起大会であいさつを聞かされていたので、それがすごく心配になっているのです。

 これは選挙戦の最終盤で皆が疲れ果て、声も枯れているにもかかわらず、何とか当選に向けて頑張っている方々の裏切り行為でしかありません。全く許せない行為ですね。

 山崎拓氏も国会議員として決して一人では何にもできないということを知っているはずです。それをがんばっている同志に冷や水をかけるような行為は決して許すことはできません。

 ましてや日本の敵の売国奴議員の旗振り役の辻元清美氏をこともあろうに「日本にとって必要な政治家だ」ということ自体が、破廉恥です。

 立憲共産党はなりふり構わず、野合をして、戦っています。

 選挙には協力するが籍は入れないというような節操のない政党です。あっ、ここでも夫婦別姓をしているのか(笑)

 私のような自民党員ではないにしても、自民党支持者に対し、とても失礼な行為です。深く反省し、山奥に隠居することをお勧めします。

 もし、立憲共産党政権が出来上がったら、あの悪夢がまた甦ります。でも、日本国民はそんなバカではないので、それはあり得ないと思います。彼らもそれを望んでいません。

 与党になれば、今の百倍ほど忙しくなるので、せっかく楽な野党暮らしの方がいいに決まっているからです。

 でも、三分の二を割れば、懸念していた憲法改正がまた遠のきます。

 安倍政権の時でさえ、妨害に妨害を重ねて、遅々として進ませなかった立憲民主党です。自民党は匍匐(ほふく)前進で何とか国民投票をできるようなところまで来ました。それがまた遠のくのです。

 それが日本国民にとってどれだけ危険なことか、なぜ一部の皆さんはわからないのでしょうか。

 今朝ガソリンを入れに行ったら、なんとレギュラーガソリンが160円を超えていました。びっくりです。

 ガソリンがこれだけ値上がりしているということは、他の石油製品も値上がりしていることであり、その際たるものが電気です。

 今朝の産経新聞に各電力会社の電気料金が載っていました。電力会社でこんなにも違うのかとびっくりします。

 一番安いのが原子力が元気に再稼働している九州電力(上げ幅9.0%)です。一基も稼働していない東京電力(上げ幅18.5%)とは大きく違っています。

 これが現実ですが、たぶん産経新聞以外はこの数字を出していないでしょう。

 無責任なマスコミや政治家は脱原発を言います。もちろん、立憲共産党もですが、現実問題をみればどれだけ原子力が日本国民に貢献しているかがわかるはずです。

 こういう論理的なデータが感情で流される現実を踏まえ、山崎拓氏の背任行為は許しがたいものがあります。

 本当に祖国を守るために必要な政党は?と考えて投票に行ってください。

 棄権?行かない? 

 そういう人はすぐに日本国籍を返上したらいいと思いますよ。義務の果たせない人間は社会的に信用されませんから。


「井上政典のブログ」より転載
https://ameblo.jp/rekishinavi/

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。