ワシントン・タイムズ・ジャパン

衆院選各党のエネルギー政策に大社説で厳しい注文突き付けた産経

関西電力美浜原発3号機=2018年7月、福井県美浜町

原発の扱いが焦点に  衆院選は31日の投開票に向け終盤を迎えている。各党とも自らの党の政策を必死に訴えるが、有権者としてはどこが政権を任せられる政党かを考え、足元の課題を克服し将来の方向性を指し示す人物、政党を選びたい。

 争点の一つは、私たちの暮らしと産業に密接に関わるエネルギー政策である。政府は22日に新しい「エネルギー基本計画」を閣議決定したが、これと前後して、各紙はエネルギー政策に関連した社説を掲載した。各紙の見出しは次の通りである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。