«
»

伝統的家族守る高市氏 「賛成」の河野・野田両氏

自民総裁選 焦点政策を検証 選択的夫婦別姓・同性婚

【選択的夫婦別姓・同性婚】

 家族政策など価値観が問われるイシューで、自民党のリベラル化が進み、保守政党としてのアイデンティティー喪失が進んでいることを顕在化させる総裁選になっている。

 今も保守層に人気の高い安倍晋三氏は首相当時の国会で、「同性婚」を認めるべきだと迫る野党議員を、「憲法は同性カップルの婚姻を想定していない」と一蹴したが、今総裁選では、複数の候補が同性婚に「賛成」を明言するなど、リベラル姿勢を強く打ち出している。

 例えば、河野太郎氏。立憲民主党が次期衆院選で、「選択的夫婦別姓」と同性婚の制度化を自民党との対立軸に掲げる中、報道各社のインタビューで、この二つのイシューに「賛成」を明言。「価値観が問われる問題は、党議拘束をやめて、広く議論するのがいい」と述べている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。