«
»

菅後継宰相に必要な3条件

櫻田 淳

「安倍・菅」路線の外交継承 社会の「ダイナミズム」恢復を

東洋学園大学教授 櫻田 淳

 9月3日、菅義偉(内閣総理大臣)は、実質上の退陣表明に及んだ。菅の政権運営における失速は、専ら新型コロナのパンデミック(世界的大流行)対応への不満によるものである。要するに、国民各層にとって、「食べたい料理を出してもらえなかった」という結果にすぎない。だから、国民の関心があまり向いてはいなかった対外政策面でも、その対応がまずかったという評価にはならない。

 日米関係を含めて、「西方世界」同盟網の構築への関与について言えば、菅は安倍晋三前内閣の方針を滞りなく引き継ぎ、上手(うま)くやったという評価になる。それは、間違いないだろうと思われる。台湾認知の流れを止めなかったのは、確かに、功績として残るであろう。

普通の国への動き推進


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。