«
»

菅首相退任へ、政権1年で実績重ねたと強調

自民党の地方組織幹部とのリモート対話の冒頭、あいさつする菅義偉首相=11日午後、東京・永田町の同党本部

「自由民主」新総裁の下で衆院選の勝利に全力と奮起

 自民党総裁選が告示された。「9月17日告示・29日開票」の日程を決めた8月26日の党本部総裁選挙管理委員会の発表を機関紙「自由民主」(9・7、前週火曜発行)が報じた8月31日ごろ、9月衆院解散説が出回り、総裁選先送り説もあった。機関紙に政局は載らないものだが、二階俊博幹事長の交代など党4役の役員人事が6日に行われるとも言われていた。

 が、出馬表明していた菅義偉首相が解散も総裁選先送りも否定した上、3日には党臨時役員会に自ら出席して出馬を取り消した。新4役人事もなくなり、逆に首相が退任するという展開を同紙は「菅総裁『新型コロナ対策に専念』」「9月29日総裁選で新総裁を選出」(9・14)の見出しで事実を伝え、首相1年の実績を短く記した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。