«
»

菅総理、記者団に対し「新型コロナ対策に専念したい」

「スガ辞めろ」と叫んでいた皆さんが、なぜか絶賛お怒り中

 さきほどの『菅総理「自民党総裁選に不出馬」』で「速報」的に取り上げたのが、菅義偉総理大臣の事実上の辞任宣言です。菅総理は今月の自民党総裁選に出馬しないと決めたそうですが、その理由について、菅総理本人が「新型コロナ対策に専念するため」と述べました。いかにも実直な実務家の菅総理らしい発言だと思います。


菅総理の発言要旨

 菅義偉総理大臣は昨日の会見、今月行われる自民党総裁選に出馬しないと明言しました。

 まだ首相官邸のウェブサイトにはアップロードされていませんが、ツイッターなどで流れていた菅総理の発言要旨は、次のとおりです(日本語表現は整えています)。

・自民党役員会において私自身、「新型コロナ対策に専任したい」「そういう思いの中で、自民党総裁選には出馬しない」と申し上げた。総理大臣になってからの1年間、新型コロナ対策を中心とする国が抱えるさまざまな問題に全力で取り組んできた

・今月17日から自民党総裁選が始まるが、私自身が出馬を予定するとしたら、コロナ対策を選挙活動を両立させるためには実際に莫大なエネルギーが必要であり、やはり両立はできず、どちらかを選択すべきである
国民の皆さんに何回とも約束している新型コロナウィルスの感染拡大を防止することに専念したいとの判断をした。国民の皆さまの命と暮らしを守る、内閣総理大臣としての私の責務であるので、専任してやり遂げたい

・また来週にでも改めて記者会見したい

責任感ある実務家・菅総理らしい発言

 いかにも実直で実務家の菅総理らしい会見です。

 個人的な気持ちだけを述べるならば、菅総理にはぜひ、続投していただきたかっただけに、本当に残念です。

 客観的事実を積み上げていくならば、じつは菅総理こそが新型コロナウィルス感染症(武漢肺炎)を終息させるための道筋を付けた、日本国に対する最大の功労者であり、一部メディアや一部著名人らがしたり顔で述べる、「菅政権のコロナ対策の失敗」という批判は、的外れにもほどがあります。

 今回の武漢肺炎は、有効な治療薬が確立していないなか、医療従事者等に加え、発症した場合の重症化率がとくに高い高齢者等に対する迅速なワクチン接種を急ぐというのは、行政の最高責任者としては当然の判断でしょう。

 また、実際に菅総理が「1日100万回接種」目標を掲げ、7月末で医療従事者等向け接種と高齢者向け接種をほぼ終わらせたという事実については、ちょっと過小評価のし過ぎでしょう。

 実際に、菅総理は先月29日に休養を取るまで、休みなしになんと154日間も勤続しました。

 揚げ足取りばかりの野党、マスメディアの執拗な攻撃のなか、本当に頭が下がります。

 実際、菅総理の1年で、「何があったのか」を思いつくまま列挙すると、こんな具合です。

・「日本学術会議」の問題を浮き彫りにした

・安倍総理が提唱した「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」を、米豪印などの強力な支持のもと、日本の外交方針の基軸に据えた

・台湾にアストラゼネカ製ワクチンを提供するなど、日台友好を推進した

・ファイザー、モデルナ両社と協議し、希望する全国民に年内に接種できるだけのワクチンを確保した

・ワクチン接種1日100万回目標を掲げ、それを大きく上回る接種実績を残した

・携帯電話の料金を引き下げた

・韓国に対しては「問題を作った側が日韓関係を正常化するきっかけを作ってほしい」と要求した

・広島「黒い雨訴訟」の上告を断念した

・デジタル庁を創設した

・東京オリパラを成功させた

…。

 正直、コロナ対策や野党・マスメディアの揚げ足取り対策などに政治的リソースを取られるなか、よくこれだけの成果を上げたものだ、と思ってしまいます。

 だれがやっても絶対に批判されるという厳しい環境のなか、本当に頭が下がります。

野党党首「とりあえず怒っておこう」

 それはともかくとして、「反スガ」勢力の皆さんの反応を眺めていると、なかなか驚くものが多いです。普段は「スガ辞めろ」などと叫んでいるくせに、実際に菅総理が退陣の意向を表明したら、その瞬間、「このタイミングで退陣するとは無責任だ」などと反応しているのです。

 そのなかでもとくに面黒いのが、野党の方々のご発言でしょう。

立民・枝野氏「政権運営する資格ない」 首相退陣に


―――2021年9月3日 12:58付(2021年9月3日 13:56更新) 日本経済新聞電子版より

 日経電子版の記事によると、各党の党首の皆さんは、次のように発言なさったそうです。

・「こうした事態に怒りをもって受け止めている。自民党全体に政権を運営する資格はない」(立憲民主党の枝野幸男代表)

・「いま求められているのは政権交代だ」(日本共産党の志位和夫委員長)

・「コロナ感染を拡大させたあげく何の責任も取らず逃げるのは本当にひどい。あまりにも無責任だ」(社民党の福島瑞穂党首)

…。

 あれれ?とくに枝野さんは菅総理に退陣を要求なさっていませんでしたっけ?なぜ菅総理が退陣することを喜ばないのでしょうか?それともこの発言、菅総理に続投して欲しかったとでもいうのでしょうか?

 いずれにせよ、「とりあえず、彼らは自民党が何をやってもお怒りになる」ということはよくわかりました。「とりあえず相手を批判しておけば許される」というのも、何ともお気楽な商売ですね。

 いずれにせよ、菅総理がこのタイミングでさっと身を引くことを、野党各党が予想していなかったことだけはよくわかったという次第です。


「新宿会計士の政治経済評論」より」転載
https://shinjukuacc.com/20210903-06/

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。