«
»

漂う乱世の匂い、自民の負け幅左右する総裁選

髙橋 利行

 永田町に「乱世」の匂いが漂い始めた。「大乱世」の焦げ臭さも混じる。第一幕は自民党総裁選である。宰相・菅義偉が党を牛耳る幹事長・二階俊博と組んで派閥の領袖(りょうしゅう)連を手懐け再選の地均(じなら)しをしている。だが、その締め付けにもかかわらず岸田文雄という有力な対抗馬を捨て身で出馬させることになってしまった。

 とはいえ、今のところ菅義偉が多くの派閥の支持を集めて再選するらしい。だが、「番狂わせ」は勝負の常である。何しろ的確なコロナ対策を打てない宰相に国民の不満が燻(くす)ぶり続けている。大火にもなりかねない。親分に右へ倣えの政界でも、皆、及び腰である。まして民意に近い党員・党友まで靡(なび)くのか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。