«
»

注意要する「こども庁」審議

高橋 史朗

自民勉強会に左翼活動家 当初案の名称から「家庭」削除

麗澤大学大学院特任教授 高橋 史朗

 櫻井よしこ氏が毎月連載している産経新聞のコラムで、「自民左傾化 危うい兆候」「『家族』壊す保守政治家」と題し、「極左の運動家が首相官邸や保守政治家に深く食い込んでいる」と警告している。

 櫻井氏が「謎解きの端緒となる」「戦慄の書」と述べた『実子誘拐ビジネスの闇』(池田良子、飛鳥新社)によれば、人権派左翼弁護士と認定NPO法人「しんぐるまざあず・ふぉーらむ」理事長の赤石千衣子氏らが連携して、子供を片方の親(とりわけ父親)から切り離し、公権力で養育費を取り立てる仕組みが築かれつつあるという。

「家族」否定論者が講演

 赤石氏は稲田朋美衆院議員の変心に大きな影響を与えた人物で、朝日新聞論壇委員、法務省法制審議会家族法制部会委員に就任しているが、次のように明言した「家族」「家庭」否定論者である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。