«
»

「自由民主」は五輪開催を支持

「自由民主」は五輪開催を支持

力強いG7のメッセージ、割れる国論に団結を強調

 東京五輪・パラリンピック開幕まで1カ月余りになった。その前には東京都議会選挙(7月4日投開票)がある。衆院選の前哨戦でもあり、本来なら五輪で国論が割れるのは望ましい姿ではないが、新型コロナウイルス感染の中で東京五輪はすっかり与野党対決型の選挙争点にされている。

 もっとも争点化したのは開催に反対する野党側だ。対する与党は変異株が発生するウイルスを相手に難しい舵(かじ)取りを迫られている。そのためか自民党の機関紙「自由民主」や公明党機関紙「公明新聞」では、見出しに「東京五輪」を取らない紙面が続いていた。

 「自由民主」6月8日付では、9都道府県の緊急事態宣言を6月20日まで延長する5月28日の菅義偉首相記者会見を「迅速なワクチン接種へ体制整備」「感染防止ワクチン『成果出す大事な期間』」などの見出しで扱うなど、ワクチンによる感染対策を訴えた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。