«
»

菅首相の「防衛力強化の決意」

杉山 蕃

対艦攻撃能力の刷新必須 SSN対処、原潜装備の検討を

元統幕議長 杉山 蕃

 4月14日バイデン米大統領にとっては、最初の首脳会談となる菅首相との会談が行われた。実に結構なことと考えている。会食・ゴルフなしで、僅(わず)かにハンバーグ一個の「冷遇」と貶(けな)す者もいるが、共同声明はなかなか筋の通ったものであったと評価したい。

 特に防衛安保面で、中国の国際法を弁(わきま)えない行動に対し、自由航行の原則を再認識し、地域の安全保障を一層強化するため「自らの防衛力を強化することを決意した」と声明し、台湾問題にも「両岸関係の平和的解決を促す」と論及したことは、米中の対立が激化する中、我が国の立場を鮮明にしたもので、大変結構なことと評価する。今回は、防衛力強化について所見を披露したい。

戦闘開始の形態に変化


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。