«
»

菅おろし→解散総選挙、という流れで本当に良いのか?

勝って兜の緒を締めない立憲民主党

 日曜日の3つの国会議員補選・再選挙で自民党が「全敗」したとする話題は、『立憲民主党が「実力以上の勝利」でも政権支持率は安定』で触れたとおりです。こうしたなか、予想どおり、ツイッターなどでは一部のメディアや活動家らが「菅おろし」を煽り始めているようです。でも、万が一自民党内で「菅おろし」の波が生じれば、それは逆に解散総選挙の良い口実になるかもしれませんが、左派の皆さんは本当にそれで良いのでしょうか。


自民全敗が菅政権にとって「見た目」ほどの打撃ではない理由

 日曜日に実施された3つの補選・再選挙で、自民党が「全敗」した、とする話題については、『立憲民主党が「実力以上の勝利」でも政権支持率は安定』で触れたとおりです。

 その際、「これを菅義偉政権の危機とまで見るのは少し尚早ではないか」と申し上げたのですが、その理由は、今回の選挙、「全敗」がある程度は予想されていたものだったからです。

 そもそも衆院北海道2区では自民党が候補者すら立てられずに不戦敗でしたし、故・羽田孜元首相時代からの「羽田家」の地盤で、故・羽田雄一郎氏の「弔い合戦」としての様相を呈した参院長野選挙区で羽田次郎氏が勝利したのもある意味では当然のことでした。

 また、参院広島選挙区での敗北は痛いものでしたが、それでも二階派と岸田文雄元外相との「勢力争い・内紛」という側面もあり、河井夫妻の汚職で自民党に逆風が吹く中での敗北は、むしろ打撃を受けたのは菅義偉総理ではなく、岸田文雄氏と二階俊博氏ではないかと思う次第です。

 このように考えると、マスメディアが喜んで煽っている「自民全敗」も、菅義偉政権に対し、見た目ほどは打撃をもたらしていないのかもしれません。

立憲民主党がぬか喜び

 その証拠に、「コロナ第4波」が到来したといわれるなかで、民間メディアの世論調査では菅義偉政権のコロナ対策に不満を述べる国民が多いことは事実かもしれませんが、そのわりに、内閣支持率は不思議なほどに安定しています。

 普段から当ウェブサイトで強調しているとおり、内閣支持率や政党支持率は次期総選挙での獲得議席数を保証するものではありませんが、少なくとも「支持率ヒトケタ台」という現状に照らし、立憲民主党などの野党が「政権交代が発生する」ほど躍進するとも思えません。

 そういう内容をツイートで発信したところ、「立憲民主党は『勝って兜の緒を締める』という言葉を知らないでしょうから、このまま調子に乗らせておいても問題はないと思います」、といった冷徹な反応も頂きました。

 個人的には、この反応が最も興味深いものだと思う次第です。

 もちろん、今すぐ総選挙をやれば、自民党が議席を減らす可能性がそれなりにあると思われる点は、普段から当ウェブサイトで申し上げているとおりですが、だからといって「惨敗」「政権交代」とまで行くかは微妙ですし、今回の「自民全敗」を契機に「菅おろし」の波が生じる可能性が高いとも思えません。

 敢えていえば、次期首相の座を狙っているとされる岸田文雄氏こそ、大きな打撃を受けた本人であり、また、もしも自民党という政党がマトモであるならば、候補者の調整もろくにうまくできない二階俊博幹事長に更迭論が浮上するのではないかと思う次第です。

「菅おろし」煽って本当に良いのか?

 ただ、先ほどツイッターを眺めていたら、「菅おろし」がトレンドに入っていたようです。

 おそらく、左派メディアや「反自民」の人たちが喜んでそれをツイートしているからではないかと思うのですが、はて、本当にそれで良いのでしょうか。

 新型コロナ対策に関しては、おそらく誰がどうやっても批判されるものでしょうし、今回のコロナ緊急事態宣言でも政権支持率に目立った変化が生じていないことを見ると、有権者が「野党を支持している」と判断することはなかなかに困難です。

 こうしたなか、メディアが「菅おろし」を煽って、自民党内にも「菅おろし」という流れが出てくれば、野党の選挙態勢が整う直前を狙い、東京五輪前の解散総選挙(たとえば7月の東京都議会選挙との同時選挙)、という可能性も出てくるかもしれません。

 いずれにせよ、衆議院議員総選挙は遅くとも秋ごろには実施されます。

 解散総選挙は総理大臣の専権事項であり、菅総理の決断次第ですが、逆に野党が「勝って兜の緒も締めずに大はしゃぎ」しているうちに電撃解散、というシナリオは十分に考えられるのではないかと思う次第です。


「新宿会計士の政治経済評論」より転載
https://shinjukuacc.com/20210426-03/

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。