ワシントン・タイムズ・ジャパン

「衆参3選挙」現地ルポ、「保守王国」広島で横並びの激戦

390

残る19年参院選のしこり

 参院広島選挙区は2019年の参院選をめぐる大規模買収事件で河井案里の当選が無効になったことによる同県初の再選挙。スローガンに「変える勇気」を掲げる政治団体「結集ひろしま」新人の宮口治子(45)=立憲民主、国民民主、社民推薦=と、「私が自民党を変える」と訴える同党新人の西田英範(39)=公明推薦=が終盤戦に入り、横並びの激戦を繰り広げている。(敬称略)

 広島はもともと保守勢力の強い地盤がある。参院選では2議席を自民と野党が分け合う無風選挙区で、近年は自民候補が野党候補にダブルスコアで勝利、トップ当選してきた。ところが19年参院選では保守が分裂し、2議席をめぐる激戦を制したのは野党統一候補の現職と、党本部主導で擁立した案里。県連が推したベテランの現職は落選した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。