«
»

女性議員比率166位では 日本は民主の旗を振り難い

yamada

 「うれしいことに、世界の女性国会議員の比率が25・5%と、初めて4分の1を超えた」。今月初め、「列国議会同盟」(IPU=各国議会の国際組織)の事務局長が発表した。今年1月現在の各国の1院または下院の数字である。

 だが日本は蚊帳の外だ。女性議員は9・9%で190カ国中166位。過去最低ランクである(01年は117カ国中80位、11年は142カ国中96位)。

 ランク1位はルワンダで61・3%、次いでキューバ53・4%、アラブ首長国連邦(UAE)50%、ニカラグア48・4%。ルワンダは、94年の大虐殺後の男手欠乏のため、03年に議員、閣僚、裁判官などの30%以上を女性とする新憲法ができた。以来トップである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。