ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

福島原発の処理水問題 、政府が責任持ち海洋放出を

前環境相・衆院議員 原田義昭氏

世界一の原発技術集積 若手育成し国際的に発揮を

前環境相・衆院議員 原田義昭氏

 東京電力福島第1原発の事故から今年で10年。環境相時代、現役閣僚として初めて汚染処理した放射性物質「トリチウム」を含む水(処理水)の処分方針に言及した前環境相で衆院議員の原田義昭氏に、今も残る処理水の問題と原子力エネルギーの今後について聞いた。 (聞き手=政治部・亀井玲那、武田滋樹)

環境相時代に福島第1原発(F1)の処理水について「海洋放出しか選択肢がない」と公言した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。