«
»

立憲民主党って何のため存在しているの?

 立憲民主党って何のために、誰のために存在しているのでしょうか?

 とっても素朴な疑問ですね。

 国会議員の定数は、衆議院 465人 参議院 245人で合わせて710人。

 立憲民主党の国会議員数は 衆議院 109人 参議院 43名で合わせて152名です。

 単純に割合を計算、つまり152名を710名で割るとその割合は21.4%になります。

 この数字は、国会議員の総数分の立憲民主党の国会議員数を割ったものです。約2割も立憲民主党議員が国会内に生息しているのです。

 私はこの数の多さにびっくりしました。

 なぜなら、立憲民主党の最近のNHKの世論調査では4.5%しかないからです。

 頭数は21%もいるのに、国民からの支持率はわずか4.5%と大きく乖離しています。

 立憲民主党の国会議員の方、又はその支持者の方、説明いただけないでしょうか?

 まあ、自民党も 総数389名 衆議院 278名 参議院 111名 で55%を占めますが、支持率は35.6%ですから、それくらいは誤差だろうというのかもしれません。

 では、自民党政権が何の落ち度もなく政権を運営しているのか?という問いにはいっぱい?????がつくでしょう。

 21%も頭数のシェアを持つ、立憲民主党が党の全精力を傾けて政権批判をしていますが、前回の世論調査より、2.3ポイントも支持率をさげています。前回は6.8%で今回が4.5%ですから、なんと34%も支持率が落ちているのです。

 普通企業の経営者だったら、自分の所の商品が市場で受けておらず、34%も売り上げが落ちれば、その商品政策を変えるなり、経営者の刷新をはかるなりの対策を取ります。そうしないと企業の存続が危ぶまれるからです。

 これをお読みの経済人はその通りだと納得いただけると思います。

 ライバルの自民党には小泉進次郎という今までは目玉商品だったのが、プラスチックのスプーンの有料化をしようとするなど、この武漢コロナ下であえいでいる庶民のことなど全く眼中になく、いかに自分がセクシーに目立つかしか考えていないようです。

 レジ袋の有料化だけでもどれだけコンビニやお客がめんどくさいか。さらにプラスチックスプーンや割りばしまでも有料化しようとしているのです。

 一時マイ箸を持ち歩くことが都会の意識高い系の間ではやりました。そして外国産の安い割りばしが国内に流入し、その結果国内の林業は壊滅しました。

 割りばしは間伐材を使うのです。間伐材とは一本の木に栄養や水や光が十分に当たるように周りの小さな木を間引くのです。それで木はすくすくと成長します。

 しかし、間引きをしないと木が密集して十分な成長ができません。そのため木は種の保存の法則が働き、大量の花粉をまき散らすことになるのです。それは木が生き残るために必要な行動です。

 間伐材が十分なお金になれば、業者も人を使って日本の森林の手入れをして行くのですが、もうそういう人たちはほとんどいなくなったと言っても過言ではないでしょう。

 CHINA製の割りばしは木を白く見せるために、大量の漂白剤に付け込んでいるためにそれが人間の体に毒となります。

 割りばしの有料化をして、国内産の間伐材を流通するようにでもしたら将来のためにまだ価値があるのですが、ただ、有料化してもめんどくさいだけです。

 これがプラスチックごみを少なくすることにはつながらないと小泉進次郎大臣自体も認めているのです。

 海洋汚染の原因になっているプラスチックごみに書かれている言語を調べればすぐにどこから来たかがわかります。

 日本語ももちろんあるでしょう。でも壱岐・対馬や九州北部の海岸に漂着するのは簡体字(CHINA)で書かれているか、ハングルで書かれているものが大半を占めます。

 日本で排出するレジ袋は、ゴミ出しの時に使って有効利用しているのです。

 にもかかわらず、国際社会がそうやっているからそうする?それならば日本の環境大臣として日本で日常行われているごみの分別やレジ袋の再利用などを世界に向かって発信するのが役目だろうと思うのは私だけでしょうか?

 小泉進次郎大臣、ハンサムで弁舌さわやかを売りにしてきましたが、ここらでメッキが剥げかかっています。

 お父さんの奇行も影響があるのでしょうか。

 教科書問題で、萩生田文科大臣もありもしない「従軍慰安婦」という文言を教科書に復活させるなど、市中引き回しをしてもおかしくない罪を子供たちの未来のために冒しています。

 野田聖子?世界標準?辻元や福島が言うようなことを堂々と言っています。

 こういう突っ込めばいい所にはまったく手を付けず、未だに「桜を見る会」について国会で質問するなど全く理解に苦しみます。

 国会での質問が、野党の商品のはず。その商品である質問があまりにもくだらしないから支持率が落ちていると考えるのが普通でしょう。

 健全な野党がいないと与党は緩みっぱなしになります。

 立憲民主党の存在意義は、国民を政党政治に失望させることではないかと思うようになりました。

 そして政治家が世論ばかりを気にするようになれば、国家百年の大計は簡単に崩れ去ります。


「井上政典のブログ」より転載
https://ameblo.jp/rekishinavi/

4

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。