«
»

北方領土は国家主権の問題

乾 一宇

安易な妥協は亡国への道 受け入れられぬ「2島返還論」

ロシア研究家 乾 一宇

 今年の北方領土の日(2月7日)は、大きなニュースにもならずに終わった。

 北方領土問題は、不思議にも日本の選挙の争点にはなっていない。だが、国民が教養と良識ある国会議員を選ばないと国家が内側から崩れ去っていく危険を孕(はら)んでいる。

 日本は、1956年10月、歯舞、色丹島のみの返還で日ソ共同宣言を締結し、平和条約締結やむなしの選択をしようとした。敗戦国として当時、シベリア抑留者約57万人の一日も早い帰還の実現、また国連加盟という喫緊事もあった。

米ソの冷戦が始まり、朝鮮戦争という熱戦を戦った米国は、日ソの和解(二島返還による平和条約締結)を認めず、当時のダレス米国務長官は重光葵外相に占領下にある沖縄返還の未実施を絡め歯舞、色丹島のみの返還を良しとしなかった。

堅持すべき基本的立場


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。