«
»

「子供第一主義」で地域に活力 富山県滑川市

富山県滑川市長  上田 昌孝氏

企業誘致で財政健全化 産婦人科医確保が課題

富山県滑川市長  上田 昌孝氏

 地方都市はどこも少子高齢化対策に知恵を巡らせている。富山県滑川(なめりかわ)市の上田昌孝市長は、「子供第一主義」を掲げて、子供が安心して育てられる環境づくりに成功し、市民の支持を得ている。(聞き手=青島 孝志)

滑川市で取り組む「子供第一主義」の事例と成果から伺いたい。

 子供は未来であり、未来は子供たちに懸かっている。「子供第一主義」とは、子供だけが中心というのではなく、子供と子供の親のための第一主義。一人っ子ではなく、子供たちの明るい声が聞こえる家庭が良い。人口維持のための合計特殊出生率は2・07などと言われているが、やはり子供は3人ほどいてほしい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。