«
»

鮭と共存するまち・新潟県村上市長

新潟県村上市長 高橋邦芳氏

城下町の歴史いかす景観整備 子供の支援引き継ぐ「ぱすのーと」

新潟県村上市長 高橋邦芳氏

 新潟県の最北に位置し、豊かな自然環境を有する村上市。三面川、荒川、大川には平安時代から鮭が遡上(そじょう)し、市中には今も城下町としての面影が多く残っている。自然と歴史と伝統を生かしたまちづくりについて、高橋邦芳市長に聞いた。(聞き手=亀井玲那)

人口減少、少子高齢化に対する取り組みは。

【村上市概要】 (平成20年4月1日、旧村上市・岩船郡荒川町・神林村・朝日村・山北町の5市町村が合併し新市として「村上市」が誕生) 総面積 1174.26平方㌔㍍ 総人口 5万8504人(10月1日現在) 世帯数 2万2662世帯(同)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。