«
»

年内に党改憲原案を起草 衛藤征士郎本部長

インタビューに答える衛藤征士郎自民党憲法改正推進本部長=6日、東京・永田町の議員会館(加藤玲和撮影)

来年通常国会に法律案提出

自民党憲法改正推進本部・衛藤征士郎本部長 本紙に語る

 自民党憲法改正推進本部の衛藤征士郎本部長は6日、世界日報社のインタビューに応じ、自民党として年末までに憲法改正原案の起草を完了し、来年の通常国会の憲法審査会に改正原案を土台とした法律案まで提出する意向を表明した。 (政治部・武田滋樹、亀井玲那)

 自民党は2018年3月、憲法改正の4項目条文イメージを取りまとめたが、これは憲法審査会で審査の対象となる憲法改正原案ではなく、あくまでも審査会での議論を進める「たたき台素案」という位置付けだった。今回、党として具体的な改正原案を提示する方針に転換したのは、停滞する国会での改正議論を活性化させるとともに、国民の憲法改正に対する関心を高めることで改正に向けた「確かな進捗(しんちょく)」を狙ったものだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。