«
»

少子化対策 切れ目なく 坂本哲志 地方創生 少子化担当相

坂本哲志 地方創生 少子化担当相

坂本哲志 地方創生 少子化担当相

 坂本哲志地方創生、少子化担当相は28日、世界日報社を含む報道各社のインタビューに応じ、少子化対策について、結婚から出産、育児、進学まで「切れ目のない対策をしていく」と強調し、不妊治療への支援も積極的に進めていく意向を示した。また東京一極集中に歯止めがかからない現状を踏まえ「持続化できる地方創生をつくり上げていく」と述べた。  

少子化対策はどのような点に力を入れたいか。

 結婚から出産、子育て、そして中高大(などへの進学)と、切れ目のない対策をしていくこと、これを最も進めていかなければならない。菅義偉首相からは不妊治療(への支援)は、思い切ってやりたいと言われた。現金給付だけではない、その他の給付の在り方もあると思うで、田村憲久厚生労働相らと話をしながら、着実に首相の意向に沿って進めていきたい。

不妊治療支援は具体的にどのように進めていくか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。