«
»

沖縄県議選の総括と提言

OKINAWA政治大学校名誉教授-西田健次郎

12年前の「悪夢」が再現 明確にすべき外交・防衛の理念

OKINAWA政治大学校名誉教授 西田 健次郎

 伊是名島の後輩で、頭の切れがよく、政治理念がブレない有為な政治家、山川典二候補の再選を図るべく、筆者は老体に鞭(むち)を打ち、早朝のお手振り挨拶(あいさつ)をはじめ、真摯(しんし)に汗を流してきた。

 6月7日に実施された県議選では、那覇・南部離島選挙区は定数11のところ16人が立候補した。42票差という山川候補の次点落選にはあまりにもショックが大きかった。

 選挙戦は結果の如何(いかん)を問わず、厳しい総括をして次への提言をしなければならない、それを等閑(なおざり)にすると、明るい展望につながらない。

 今回の県議選は、何としても保守陣営の過半数を勝ち取り、次の県知事選の勝利に弾みを付けたいとの使命感で、山川候補の選対事務所を拠点に全県下の選挙区を走り回った。

ばらまかれた内部資料


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。