«
»

商業捕鯨再開1年と課題 参院議員・参院農林水産委員長 江島 潔氏

参院議員 参院農林水産委員長 江島潔(えじま・きよし)氏 1957年生まれ。東大大学院工学系研究科修了。95年から山口県下関市長(通算4期)。2013年4月から参院議員(自民党、当選2回)。第3次安倍第1次改造内閣で国土交通大臣政務官。現在、参院農林水産委員長、自民党捕鯨議員連盟副幹事長。

IWCでは従来通り発言

参院議員・参院農林水産委員長 江島 潔氏

 日本が商業捕鯨を再開して今月1日で1年を迎えた。国際的な反発は当初懸念されたほどではなかったが、自立した持続可能な商業捕鯨への課題は多い。参議院議員で同農林水産委員長を務める江島潔氏に今後の方策を聞いた。(聞き手=特別編集委員・藤橋進、政治部・亀井玲那)

商業捕鯨再開で国際的な反発、外交への影響を懸念する声もあったが、それほど厳しいものはなかった。その要因をどう考えるか。

 そもそも国際捕鯨委員会(IWC)は加盟国が90カ国くらいの組織で、国連(加盟国数193カ国)とは全く違う。実態として出たり入ったりする国があり、もともと世界が反発する種類のものでもない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。