«
»

海上保安庁を内閣直轄に ミサイル・尖閣防衛 元海将 伊藤俊幸氏

【インタビューfocus<上>】
日米で「統合防空」進めよ ミサイル・尖閣防衛 元海将 伊藤俊幸氏

「平時の自衛権」議論急げ

金沢工業大学虎ノ門大学院教授、元海将 伊藤俊幸氏

沖縄県の尖閣諸島周辺での中国公船の領海侵入が繰り返されているが。

 中国は完全に独裁体制になった。集団指導体制だった頃はここまで過激に周りは動かなかった。ところが習近平主席は自分を「党の核心」であると宣言し、2049年に米国を超えると言及した。対香港政策が過激になるのは結局、国内世論におけるナショナリズムの高揚が独裁体制の維持に必要だからだ。

 中国は昨年7月に出した国防白書で初めて、尖閣における海警の行動は「法に基づく国家主権の行使だ」と書いた。裏返すと自衛権を発動すると言っているのと同じだ。実際一昨年には、中央軍事委員会の指揮を受ける人民武装警察の傘下に海警局は入った。さらに先月21日からは、有事において武警は軍の直接指導を受けるとされ、巡視艇とは名ばかりで、白く塗装している軍艦が尖閣周辺に常時配備されているのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。