«
»

感染防止へSNS発信に注力 コロナ禍の選挙戦

東京都知事選を1週間後に控え、候補者の演説を聞く有権者ら=28日午後、東京・銀座

東京都知事選挙 終盤 小池氏 余裕の戦い 宇都宮氏・山本氏は総力戦

 東京都知事選挙(7月5日投開票)は終盤戦を迎えている。立候補者が22人と過去最多の今回、新型コロナウイルス感染拡大防止のため候補者らは遊説場所を公表せず、インターネット交流サイト(SNS)でのライブ配信に注力するなど異例の選挙戦となっている。現職の小池百合子氏(67)が優位を固める中、宇都宮健児氏(73)を支援する立憲民主、共産、社民の野党3党と、自ら代表を務めるれいわ新選組公認の山本太郎氏(45)が来る衆院選を視野に総力戦を繰り広げている。 (政治部・岸元玲七)

 「コロナで困っている都民、事業者の生活の底上げをする」。れいわ公認の山本氏は26日、気温30度近くなった正午、JR錦糸町駅前で大粒の汗を流しながら訴えた。駅前の広場には会社員や主婦など約200人の人だかりができていた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。