«
»

9月入学、21年度導入を検討

安倍晋三首相

文科省2案 1年で一斉に移行か5年かけ段階的に 30本以上の法改正や教育費の増加… 自民内から慎重論も

 新型コロナウイルス感染拡大の影響による休校の長期化を受け、政府は始業・入学時期を秋にする「9月入学」の導入を検討している。学習の遅れを取り戻し、国際化を進める利点もあるが、導入には30本以上の法改正や教育費の増加など課題は山積している。(政治部・岸元玲七)

 政府は25日、首都圏1都3県と北海道の緊急事態宣言を全面解除した。東京都は今後、都立学校の分散登校を週1日から段階的に進めていく。21日に緊急事態宣言が解除された大阪府は休校中の府立学校を6月1日から再開させる。岩手県や鳥取県など、感染が拡大しなかった地域では5月の連休明けからすでに再開しており、こうした動きは自治体ごとにばらつきがある。3月の一斉休校要請から約3カ月が経過し、学習の遅れを取り戻すには詰め込み教育になりやすく、子供や教員に負担がかかるとの指摘もある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。