«
»

コロナ踏まえ「私権制限」議論を

岩田温氏

大和大学准教授 岩田 温氏

 新型コロナウイルス感染拡大により日本が戦後築いてきた法律や制度が緊急事態に十分対応できないことが明らかになった。その根底にある憲法の問題にまでさかのぼり、今後日本がどのような対応をすべきか、有識者らに聞いた。

 改正新型インフルエンザ特別措置法に基づく緊急事態が宣言されたことは大多数の人が要望しており、国民の間で広く合意ができていると思う。最初は私権制限を批判していた野党も後に「遅きに失していた」と発言するようになった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。