«
»

皆さん、国会審議を劣化させている共犯者になっていませんか

聞き惚れるような国会質疑を見てみたいものだと願っているが、残念ながらそういう場面にはなかなか出くわさない。

相変わらずですね、というところか。

まあ、時間がたっぷりある方は一生懸命NHKの画面を見ておられるのだろうが、国会中継はかつてほど視聴者を魅了しないようだ。

テレビを意識しての国会議員の皆さんのパフォーマンスはほどほどにされた方がいい。
淡々と進む国会審議など見たくない、早くどこかで乱闘騒ぎでも起こってくれないかな、と思っておられる人は、今は殆どおられないのではないかしら。

私も今はネットのニュースで国会の審議を確認する派になってしまった。

質疑に立っている野党の国会議員の発言に合の手を入れるように安倍総理が不規則発言をしたようである。

耳聡い人は、そういう発言を聞き逃さないようだ。
質疑の本体そっちのけで、総理の発言にあれこれ難癖を付けているように見える。

どっともどっち、と言っては、どちらにも失礼に当たるのかも知れないが、まあ、呆れたものである。
これが国民の代表だと自称される国会議員の方々の質疑なんですか、と言いたくなるのは当然だろう。

国会の審議が劣化していることは間違いないようだ。

国会審議を劣化させている犯人はどなたか。

皆さん、共犯者のようですよ。

ボソッと、そう呟く声が聞こえたような気がしているところである。


「早川忠孝の一念発起・日々新たなり 通称早川学校」ブログより転載
https://ameblo.jp/gusya-h/

4

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。