«
»

新春インタビュー 2020年どうなる憲法改正

馬場 伸幸氏

自民は審査会でも「決める政治」を 民主主義再生に資す国民投票

 令和2年、2020年が明けた。昨年末、安倍晋三首相(自民党総裁)は憲法改正について「決してたやすい道ではないが、必ずや私の手で成し遂げたい」と表明したが、残る総裁任期は1年9カ月。任期再延長の可能性も残されてはいるが、新年が首相の悲願である憲法改正の成否を占う重要な年となることは確かだ。自民党憲法改正推進本部の細田博之本部長と、独自の改憲案を公約する日本維新の会の馬場伸幸幹事長に、新年の改憲に向けた抱負、課題と展望を聞いた。 (聞き手=政治部長・武田滋樹、写真撮影=加藤玲和、デビット・チャン)

日本維新の会幹事長  馬場 伸幸氏

新年を迎え憲法改正への決意は。

 憲法施行73年を迎えるが、人間に例えると3歳5歳ごろの服を73歳になってまだ無理やり着ている状況だ。昭和22年と令和2年は国内の状況も国際情勢も全く違う。国家の基本を決めているルールも時代に合った改正をすべきだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。