«
»

安倍長期政権への期待と不安

ペマ・ギャルポ

賛同できぬ習主席「国賓」 インド太平洋戦略の後退懸念

拓殖大学国際日本文化研究所教授 ペマ・ギャルポ

 安倍晋三首相は2006年9月、戦後最年少の首相として就任して以来、今年11月20日でそれまでの歴代1位の桂太郎の記録を破り、最も長く務める首相として歴史に名を刻むことになった。安倍首相は11月20日までに通算2887日という安定政権を維持したことになる。そして首相の自民党総裁の任期は21年まで続き、さらに記録を更新するに違いない。心から敬意を表し、お祝い申し上げたい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。