«
»

「赤旗」庁舎内購読自粛を通達 東京都町田市、議会で追及へ

800-1

共産市議の読者名簿入手

 東京都町田市は日本共産党機関紙「しんぶん赤旗」など政党機関紙の庁舎内での販売・購読自粛を求める通達文(11月5日付)を出したが、本紙はこのほど、髙橋豊副市長名の通達文と庁舎内での「赤旗」読者名簿(共産党内部資料)のコピーを入手した。

 通達は「庁舎管理規則及び服務規程の徹底について」と題して各部長宛てに依命通達という形で出したもの。「政党の機関紙等を購入する行為は厳に慎むこと」を、所属職員に周知徹底するよう求めている。

 同市は、2014年6月19日付で「依命通達」(副市長から各部長宛て)、16年8月16日付で通達(庁舎管理者・財務部長から各部長宛て)、17年10月18日付で通達(財務部長、総務部長から各部長宛て)を出してきたが、「赤旗」の配達・集金・購読勧誘に改善が見られなかった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。