«
»

野党の「統一候補」戦略は怖い

髙橋 利行

“驕り”で長期政権に北風も

 八百万の神々が在(おわ)す日本のことだから、永田町に「選挙の神様」がいたとしてもなんら不思議はない。戦前、政友会が定数466中304議席を獲得した選挙(1932年)を主導した辣腕(らつわん)・松野鶴平(のちに参院議長)は、まさにそういう存在だった。20年後、今度は吉田茂の側近として「抜き打ち解散」(1952年)を進言してもいる。選挙の読みは抜群だった。田中角栄や竹下登、小沢一郎も、一時、そう呼ばれたが、この「松野ズル平殿」の足元にも及ばない。

 今、自民党ではバッジこそ付けていないが、久米晃(元事務局長)が「選挙の神様」(評論家・屋山太郎)と呼ばれ、いつ解散・総選挙があるかと怯(おび)えている面々が日参している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。