«
»

赤旗“パワハラ”勧誘 徳島の鳴門市役所でも管理職30人購読

しんぶん赤旗

約50年前から慣例に 12月議会で実態調査要求へ

 全国の自治体で、日本共産党の地方議員による党機関紙「しんぶん赤旗」の購読勧誘が相次いで問題となる中、徳島県鳴門市役所でも課長級以上の管理職員少なくとも30人が昇格時に共産党市議から「赤旗」購読を勧められ、やむなく購読している実態が明らかになった。この問題は、12月の定例市議会で取り上げられ、市当局主導の実態調査が求められる見通しだ。 (「しんぶん赤旗」問題取材班)

 取材班はこのほど、鳴門市役所を訪れた。市役所の裏口から入ると、横文字で「新聞ボックス」と書かれた集合ポストがあった。市庁舎の1階から3階の各課あるいは各課所属の職員が購読している新聞を1カ所に集めたもので、その多くが「しんぶん赤旗」日曜版だった。市民課、社会福祉課、子どもいきいき課などに計26部が入っていた。教育委員会などの分庁舎でも購読されており、全体では30部を超えるとみられる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。