«
»

参院選で見えた沖縄自民の課題

西田 健次郎

若者層動かす戦術が必要 堂々と「辺野古反対」に反論を

OKINAWA政治大学校名誉教授 西田 健次郎

 筆者は26歳でコザ市(現在の沖縄市)議会議員に当選した。以来、市議3期、沖縄県議会議員5期を全てトップ当選してきた経験がある。引退後もさまざまな選挙で76歳となった現在まで参謀、あるいは、現場の指令として一生懸命に汗を流している。50年間、政治と選挙まみれの厳しい人生の日々であったと言っても過言ではない。

 それゆえ、選挙の戦略・戦術では県内で数少ない行動力と弁舌において元気な老兵という自負もある。7月21日に投開票された参議院選挙では沖縄選挙区の安里繁信氏を応援するため、選対本部、沖縄市支部選対にいたが、従来とは異なるやり方に違和感があった。

不首尾だった電話作戦

 選挙の戦いは政策、スローガン、お手振り、懇談会、街宣、ビラ、名刺、あいさつ回りや事前の戸別訪問、電話作戦など、全ての作業を効果的にこなして結果を待つ、総合の芸術である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。