«
»

菅官房長官「韓国に全て責任」 その通り

菅義偉官房長官はテレビ朝日「サンデーLIVE!!」で悪化する日韓関係について、
「なぜこんなにこじれてきたのかということですよ。これはすべて韓国に責任があるということです」と、すべては韓国に責任があると断言した。その通りなのだからそれでいいのだ。
 
 日本の法律は日本がつくり韓国の法律は韓国がつくった。日本の法律を韓国に適用することはできないし、韓国の法律を日本に適用することもできない。当然のことながら韓国の法律が日本の法律に優先することはないし、日本の法律が韓国の法律に優先することもない。それか国の法律だ。法律はローカルなのだ。
条約は国内法律ではない。日本国と韓国の両国でつくった法律である。条約は日本の法律だけを適用させることはできないし韓国の法律だけを適用させることもできない。両国が守らなくてはならないのが条約の法律である。
菅長官は「国と国との合意ですから条約。条約というのはそれぞれの国の立法も司法も裁判所もすべての国家機関が順守しないといけないのが基本。そこを踏み外してきているわけです」
と韓国側の動きに苦言を呈した。その通りである。条約に対して国内法は順守しなければならない。
菅官房長官は徴用工問題に関しては「1965年に合意した日韓請求権協定で解決している」と述べ韓国が条約を順守していないと述べた。
落としどころを探るべきではとの質問には、
「日本の立場は毅然として、国民の皆さんが感情的にならないように冷静に、対応すべきは対応し、主張すべきところは主張する」
と述べ、条約に対しては韓国が違反していると述べ、
「そこは韓国で考えること」
と韓国を突き放した。

大騒ぎしているのは文政権であり、安倍政権は全然騒いでいない。菅幹事長は「毅然と対応する」と述べた。それでいいのだ。


「沖縄に内なる民主主義はあるか」より転載
http://hijai.ti-da.net/

9

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。