«
»

最優遇国とGSOMIA「セットで元に」 安倍首相が一蹴

韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相が河村日韓議連幹事長に輸出管理上の最優遇国からの韓国の除外措置と日韓で軍事機密を共有する協定の破棄をセットで元に戻すことを提案したという。

アホか。ホワイト国除外は韓国政府が核兵器の製造や猛毒サリンなどの化学兵器の合成材料に使われるフッ化水素などの製品の輸出検査を厳密化にすることなく、北朝鮮への輸出の危険性があったからだ。管理がずさんな韓国政府信用できないからホワイト国除外を決めたのだ。

 輸出管理を厳しくするからホワイト国叙階をしないでくれというなら理解できるが、管理のことはそっちのけにしてGSOMIA破棄をやめるからホワイト国除外をしないでくれというのは問題をはぐらかしている。GSOMIA破棄されても日本が困ることはない。最優遇国とGSOMIA「セットで元に」提案に同意するはずがない。
河村日韓議連幹事長は安倍首相に李首相の提案を話したが、安倍首相は、
「徴用工問題の解決が最優先だ(日韓請求権協定は)国と国との国際約束だからしっかり守ってもらいたい。その一言に尽きる」
と述べて、李首相の最優遇国とGSOMIA「セットで元に」の提案は一蹴した。

 ホワイト国とGSOMIAは違う問題である。政府間で交渉するなら別々に交渉するものである。国家と国家の問題をやくざの世界のように取引しようとする文政権の交渉には応じないのが安倍首相である。

 ホワイト国とGSOMIAは決まったこと。それよりも国と国の約束を破っている徴用工問題の解決が先だと安倍首相は言っている。もう、文政権に容赦はしない。不買運動をしようと、日本旅行を止めようとGSOMIA破棄をしようと安倍政権は動じない。文政権の脅しや浅知恵の政治は安倍首相には通用しない。文政権はメタメタにされていくだけだ。


「沖縄に内なる民主主義はあるか」より転載
http://hijai.ti-da.net/

8

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。